読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のIMEがお高くとまっている

ソフトウェア
最近私のIMEが何と言いますがお高くとまっているのです。やたらと高尚な単語を使いたがる。そんな風に育てた覚えはないのですが。例えば、この前とか……、まあ今日その話はいいや。うん。私は四月は君の嘘の話がしたいのです。

秋からアニメの始まった四月は君の嘘が素晴らしいのです。白眉の出来。ピアノを弾くことをやめてしまった少年とヴァイオリニストの少女のお話です。いわゆるひとつのボーイミーツガール。甘酸っぱい。やっぱり私はボーイミーツガールが好きだ。そこに物語が生まれるから。そこに思ひでが残るから。だから全世界の少年と少女はすべからく出会うべきだと思う。

アニメ一話の作画、カメラワーク、特にピアニカの演奏シーンが素晴らしかったので、勢い原作のマンガを全巻購入しました。過客は、432円(Kindle版)かけることの10冊で4,320円であります。安いわ! 安すぎる! 私とか10回は読み返しているので驚きのコストパフォーマンスを誇るマンガです。四月は君の嘘のどこが好きかと言うとですね、そーですね。いやねそんなにドッキリビックリな天界があるというわけでもなくて、まあ普通なんだけど、そこが逆にいいとも言えるわけで、えー、うん、知らぬ! どこが好きかなど私は知らぬ。というか、何かを好きになるのに理由とかって必要でしたっけ? 好きって理屈じゃなくてエモーショナルなものだと思うけど? 仕方がないでしょ、好きなものは好きなんだから。

ですがあえて、あえて印象に残ったシーンを上げるとすれば、マンガ版三巻のあのシーン。主人公が母の呪縛から逃れられず自分の演奏とは何かを思い悩んでいるところにヒロインがチャーリー・ブラウンの言葉を引用します。

気が滅入ってる時はほおづえをつくといい。腕は役に立つのが嬉しいんだ。

ちょっと調べたのですが原文は"When you're depressed. It always helps to lean your head on your arm... Arms like to feel useful."のようですね。いやー美しい訳ですね。盟約だと思います。で、どういう意味の言葉なの? と聞かれるとちょっと答えに窮します。どんな意味なんでしょうね? おそらく落ち込んでいる時は何かに頼りなさいとかそんな意味でしょうか。ただ、四月は君の嘘でヒロインがこの言葉に込めた思いはこんな風じゃないだろうか。

ピアノの練習を続けてきた自分の両手を信じなさい。自分を信じて真摯に演奏すればそれがあなた音楽になるのだから。

アニメは、原罪七話まで放送済みで2クールの予定。一話の勢いもそのままに今のところ高クオリティーを維持しています。やっぱりアニメ版は演奏シーンがいいですね。マンガは演奏の良さを聴いている人の感想や思いなんかを通して間接的にしか表現出来ないのに対して、アニメは直接音として表現出来るのが強い。このまま行けば、アニメ版はマンガ版を超える作品になるのではという予感があります。頑張って欲しい。