読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Amazonの深謀遠慮

先日、Amazonから商品が届きました。やたらデカイ。なにこれ?高さが15cmぐらいあるダンボールですよ。DVDだったら、DVDボックスが入っていそうなサイズ。動物だったら、猫なんかがスッポリ入りそう、かなり肥満した子でもすっぽりですよ。私どんな猫を注文したかしらと開けてみたら、よつばと!の9巻でした。これだけ、一冊だけ入ってた。これは間違い無い。Amazonほどの通販業界の巨人が意味もなくこんな包装をするはずが無いんだよ!これには何か理由がある。そんなわけで私なりに考えて見ましたよと。

第一案:「金は正義だジャスティスだ」
丁度いいサイズのダンボールが品切れであります。だからこのよつばと!は余っている中途半端な大きさのダンボールに入れてしまえ。ダンボール余らしたらもったいない、もったいないお化けがでるわ。

第二案:「サプライズ!サプライズ!サプライズ!」
やっぱね、人生には"驚き"という要素は重要だと思うのですよ。延々と続く退屈な毎日に刺激を、希望の無い生活に驚きを。だから私は、わざと大きい箱に詰めているのですよ。もっと突き詰めて、逆に無理矢理小さい箱に入れるのがマイブーム

第三案:「肉球」
あまったスペースには猫を詰めたのですが、生ものはまずいと止められたのでやめにしました。

第三案かな〜。なにごとも夢がある方がいいよね。

猫が入っていたに違い無い