読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ズッキュゥーーーーン

暇人?(^o^)/速報 日本すげえええええええ
上のリンク先にも出てましたが、日本語はいい。まあ、他の言語に精通していないとか、自国言語バイアスはあると思いますが、でもいい、いいに違いない。まず表記が多彩なのがいい。漢字、ひらがな、カタカナ、アルファベットと4種類もあります。さらに縦書き、横書きも可能。本気を出せば右から左の横書きも可能。素晴らしい。文字種が4種類もあるので、同じ言葉を表していても読み手に違う印象を与えられるのがいいですよね。例えば、「危険」「きけん」「キケン」「KIKEN」とか出来る。危険は本当に危険っぽいけど、KIKENはあんまり危険っぽくない、むしろ馬鹿っぽい。日本語便利

あと、擬音がグレート。海外では擬音って物が存在自体が稀らしい(あってもちょっとだけ)。日本語なんてすこし考えただけで「しとしと」「かっちり」「キラキラ」「ゴゴゴゴゴ…」と大量に出てくる。これらの語から感じる印象を1億2万人が共有してるってのがすごい。さっき、擬音からのイメージを共有していない人に擬音を説明する事を想像してみたのですが、どうにもならなかった。「えーとね『しとしと雨が降る』って言うのは、例えると雨がしんしんと降ってるのにに近いかな。あ、ごめん。えーと雨がポツポツ降ってるっていうか…違う違う。だ、だからザーザー降ってるよりは明らかに降ってない状態でーーあばばっばb」