読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大は小を兼ねる

Reblogen - オートマティックTumblrクライアント

Reblogenのダッシュボードのデザインを変更しました。今回の変更モチベーションも前回と同様に表示領域の拡大です。参考。画像は限界まで大きく表示するべきなのです。私の気になるところはどうしてもそこ。旧インターフェースで使っているときは気になって気になって仕方がなかった。なんでこんなど真ん中にデッドスペースが鎮座しているのか(↓のスクリーンショット参照)。許せない、スペースの無駄遣いが許せない。いやね私だってスペースの存在自体が無駄だと主張しているわけではないのです。WEBアプリのインターフェースを設計するうえで適切なスペースを取ることは必須と言えるでしょう。でもだからってこんな一等地にスペースがあっていい理由にはなりません。出て行け。

投稿の詳細(投稿者、ノート数、タグ)などを表示するエリアだったのですが、まあ投稿者のアイコンとノート数だけで他は不要でしょという判断でコントローラーの上部に移設。詳細の情報は投稿者のアイコンをクリックすると表示されるように変更しました。これによって、横幅165pxを確保しました。初代ゲームボーイの横ピクセルが160なので同じぐらい。コングラッチレーション!

使ってみたのですが大きく確保した横ピクセルの活躍の機会が少なかった。まあ知ってたけど。横長画像より縦長画像が多すぎるこんな世の中じゃ。君たちもっと超ワイドな画像を投稿しなさいよ。しかも旧インターフェースより画像が左寄りになるので、慣れるまで時間がかかるかも……。でも私は1mmも後悔なんてしていませんよ! 本当です。たとえ活躍の機会が少なかったとしても、メモリは多い方がいいし、ディスプレイは高解像度がいいし、Reblogenの表示領域は広い方がいいのです。広さは正義。

ダッシュボードのデザインを変更