読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新型ハロウィン

雑記

きたる10月31日はハロウィンですね。ハロウィンおめでとう、ハッピーハロウィン、メリーハロウィン。ところでこのハロウィンはいまひとつ日本でブレイクしていませんよね。ちょいちょい仮装パレードとかはしているようですが国民的行事にはほど遠い。やはり恥の文化を持つ日本には、家々からお菓子を巻き上げて回るというのはフィットしないのか。と、ここまで書いてきてフィットしなくて当然な気がしてきた。だってこういったイベント、祭りなんかは民族の魂からでてくるものですから。適当に輸入してきても馴染みにくいのは当然。だってほら日本はラマダーンに断食しないし、復活祭でイースターエッグを飾らないし、サンバを踊ってるのは浅草くらい。やたらと馴染んでいるクリスマスとバレンタインデーの方が異常。

さて、本来の行事の意義を曲解してはいますが、クリスマスとバレンタインデーは国民的行事と言って差し支えない。その共通点は言わずもがな「恋愛」。そうか日本は恋愛を絡めればイベントが定着するのか。というわけで新しいハロウィンを提案します。クリスマスは恋人達の日、バレンタインデーは思いを打ち明ける日なのでハロウィンは恋人達が出会う日がいいんではないでしょうか。「出会いの日ハロウィン...」まず女性が仮装をします。ジャック・オー・ランタンや魔女なんかじゃありませんよ。そんなやからは日本には生息していない。日本人の魂から出たキャラクターでないといけません。今だと具体的には初音ミクや東方の魔理沙あたりでしょうか。そして出会いやすいようにひとつの所に集めた方が効果的なので全員東京ビックサイトに集合。「トリック・オア・トリート(甘ーい甘ーいお菓子みたいなあなたをくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ、げへへ)」なんて恥ずかしい言葉はシャイな日本男子諸氏が言えるはずもありません。ここはキャノン砲みたいな一眼レフカメラを持たせて彼女らを撮影する事で自己をアピールします。ついでに同人誌なんかを販売したりすればとても楽しいイベントになるのではないでしょうか。