新PCを買ったのでケーブリングについて考える

PC買い替えました。Intel Core i7-8700K搭載のいいヤツです。前のPCがグラフィックボードを認識しなくなってしまい、購入からも5年というのもあり買い替えてもいいかなと思いまして。今回はサイコムのBTOパソコンにしました。今回というか、ここんとこPC買うのは毎回サイコムです。むか~しPCを買う時に「サイコムのBTOパソコンはケーブリングが美しい」という評判を耳にしたのがきっかけ。

皆さんは、自作PCの内部を見たことがあるでしょうか? ケーブリングに心得のないアマチュアが組んだ自作PCの場合、電源ケーブルやら、シリアルATAケーブルやらが筐体の内部をあっちゃこっちゃにのたうち回っているのが普通です。一方でサイコムのようなプロフェッショナルが組んだ場合、ケーブルを上手にタイラップでまとめたり、ケーブルを這わせる所が上手だったりと、とにかく整然としていて美しいのです。ですから私がサイコムでPCを買うと毎回、筐体の蓋を開けてみて

「うん、今回も美しいケーブリングしているね!」

と確認するのが恒例の行事となっております。

f:id:notwen:20171115224927j:plain 美しいケーブリングの確認の儀

ケーブリングが汚い

そのピッカピカの新PCを早速設置したのですが、ケーブリングがとにかく汚い。サイコムではなく私のケーブリングが汚い。電源ケーブルやらディスプレイのケーブルがあっちゃこっちゃにのたうち回っています。

f:id:notwen:20171115225245j:plain

なにも考えずにやったらこんな感じのケーブリングになりました。醜い、君は醜いアヒルの子だわ。

f:id:notwen:20171115225401j:plain

これはやばいと、慎重に慎重にケーブリングし直したのがこれなのですが、改善された感がまったくしない。むしろ若干悪化したまである。んなあぁ。

ケーブリングとはなんぞや

薄々感づいてはいたのですが、私にはケーブリングの才能がなさそう。天から決定的に見捨てられている感がある。神に見捨てられた私ではありますが、そんなことで萎縮してしまうほど聞き分けはよくありません。才能がない私にも出来ることはあるのではないか? 私にない才能は、正確には

「ケーブルを整理する事でケーブルにある種の機能美を持たせる才能」

であると思われます。汚いケーブルに対して、機能美でもって対処するというわけです。重要なのは汚いケーブルがなんとかするということであって、機能美はあくまで手段に過ぎません。ならばケーブリングには、他のアプローチだってあるのかもしれません。いやあるに違いない、あるべきだ! 今日は新たなケーブリングの可能性を模索したい。

キャラクター性を持たせるケーブリング

ケーブルがこうも嫌われる理由を考えてみたのですが、やはり一番の理由は醜いからだと思う。デスクトップPCを使う以上ある程度のケーブルは必須です。必要なのに小汚い。もう愛は無いのに経済上の理由から夫と離婚出来ないみたいな。大体、ただニョロっと生えているだけのケーブルは芸がなさ過ぎます。愛されるための努力が不足している。そこで、ケーブルにキャラクター性を付与して、つばを吐きかける対象から、眺めて愛でる対象に昇華させるというプランはどうでしょうか。試す価値はある、実行あるのみ。

f:id:notwen:20171115230014j:plain

方向性は大きく間違ってはいないという感触はあります。ただ改善の余地も大きいです。少し経つとガムテープが剥がれてきて余計汚くなりましたし、そもそもこのキャラクターはウォルト的な所から怒られる可能性がある。

注意をそらすケーブリング

ケーブルそのものの改善は諦めて、周辺の環境に手を入れてみてはどうだろう。ほら、昼間の空にも星々は実はあるじゃないですか。太陽という圧倒的明るさ星があるために埋没しているだけで。この話はケーブルにも応用出来ます。ケーブルのそばに圧倒的な存在感をもつ何かを配置して、ケーブルから注意をそらせばいい。

f:id:notwen:20171115230332j:plain

いやー諭吉さんの存在感はマジぱねーっす。諭吉さんを見かけた瞬間ケーブリングをしていたことすら忘れた。でも諭吉さんは存在感が大きすぎた。PCで作業中も諭吉さんの事が気になって気になって仕方がない。結局「椅子のローラーで踏んでしまったら大変」という理由をつけてお財布に回収してしまいました。

木を隠すなら森の中ケーブリング

ケーブルが嫌ならば隠してしまえばいいのでは。簡単な事じゃないですか。板とかで蓋をしてしまうのはあまりにも芸がありません。もっとエレガントなアプローチをとりたい。「木を隠すなら森の中」という有名な格言があります。そっちでいきましょう

f:id:notwen:20171115230520j:plain

というわけでケーブルを増やしてみました。いやー見事に元々のケーブルは隠れましたね。あまりのケーブルの圧で、元々のケーブルは全く見分けがつきません。そうだねー、隠れたわ、うん。隠れた、隠れた。

消し去りたいケーブリング

増やしたケーブルを片付けてたらなんか腹が立ってきました。なんで私がこの大量のケーブルを片付けないといけないのか。ケーブルとか偉そうな名前がついてますがしょせんはヒモですよ。そんなヒモ野郎になんで人間様が気を使って右往左往しなければならないのか。なんのために生えてるのよ。あームカつく。もう、もう、もう! このヒモ! 甲斐性なし! あんたなんてどこかに行っちゃえばいいのに。

f:id:notwen:20171115230754j:plain

Kindleに最適なストレージ容量を考える

先日、新型Kindle Oasisが発売されました。Kindleのフラッグシップモデルでお値段3万円代の高級機です。変更点として防水対応、7インチディスプレイなど色々あるのですが、私がもっとも注目したいのはストレージ容量が4GBから最大32GBになった点です。

ただこれは「ふぉーーー、きたー、イエス! イエス! 32GBイエス、Amazon愛してる」という意味での注目ではなく「いやいやいや、32GBじゃ足りませんよAmazonさん」という意味での注目です。1年ぐらい前にKindle Paperwhiteが先頭をきって32GB化されました。 当時、2秒ぐらいで注文して、迅速に私のKindle本を全部ダウンロードするという事をしたら容量オーバーしました。その事件をまとめた当ブログの記事↓

notwen.hatenablog.com

この時は、次のモデルで512GBを希望しますという結論で締めくくったのですが、悲しいかな次のモデルも32GB。ああぁ、神よ。これはよくない流れです。今回も32GBだったという事は、Amazonさんがストレージ容量は32GBで十分という、とんでもない勘違いをしている可能性がある。Kindleを心の底から愛する者として、その間違いを正すべく真実を訴えてゆく義務が私にはあると考えます。それには説得力を持たせるために、なんとなくではなく、理詰めで攻めていく必要があるでしょう。

Kindleに求められる適正なストレージ容量とは

前回の記事では、雑に切りの良い 512GB希望と書きました。大きく外してはいないという肌感覚こそあれ、これではダメです。 512GBという容量に何の根拠も無いからです。では、根拠のあるストレージ容量を算出するにはどうするのか? それを今回は次に上げる基準でいこうと思います。

「平均的な人の蔵書全てをKindleで持ち歩くならどれ位の容量が必要か?」

ここで言う「蔵書」とは、紙の本および電子書籍の事を指します。その人の持っている本全てが余裕を持ってすっぽりと収まる容量、それこそがKindleに求められている事だと私は考えます。

平均的な人の蔵書数

実はこれ地味に難しくないですか? だって Kindleユーザーには本をよく読む読まない人、年齢、性別、出身地など多種多様の人がいるでしょうから「平均的な人の蔵書数」なんて知りようがないというかなんというか。そもそも「平均的な人」ってなによ。それどこのどなたですか? わからない、私にはわからない。だからもうあれですね、いいや、私で。私の蔵書数を「平均的な人の蔵書数」にしてしまいましょう。

「それってちょっと乱暴じゃない?」というご指摘は当然あるでしょう。しかし私が平均的とするのに根拠がないというわけでもないのです。コペルニクスの原理というものをご存知でしょうか? ある物を特別であるとするよりも、平均的で平凡とする方が妥当だよねという原理です。ですからコペルニクスの原理は平凡の原理とも呼ばれています。例えば、その辺からおっさんを捕まえてくるとします。 その際に「このおっさんはさる国を追われた王子である。彼には高貴な血が流れている」と考えるよりも「どこにでも居る平凡なおっさんである」とした方が可能性高いと思いませんか? もちろんよく探せば高貴なおっさんも居るには居るでしょうが、大多数は平凡なおっさんです。そうなんです、つまりそういう事なんですよ。コペルニクスの原理を適応するならば、地球生命はありふれた存在なので宇宙は生命であふれているはずだし、私の蔵書数は平凡で平均的な数である確率が高いはずなのです。

計測

さて方針は決まったので、後は実行あるのみです。紙の本は、部屋にころがっている奴を全部指差し確認しながら「1,2,3…」と気合でカウント、Kindleの方は、「コンテンツの管理」画面から抽出してカウント。マンガと小説は消費する容量がかなり違うので分けて数えました。計測には大体 2 時間ぐらいかかりました。はっはー。結果は以下

マンガ
Kindle 957冊 201冊
紙の本 717冊 542冊
合計 1,674冊 743冊

大体、マンガ1冊40MB、本1冊500KB ぐらいの容量を使うのだとか

(1,674冊 x 40MB) + (743冊 x 0.5MB) = 67331.5MB = 約65.8GB

65.8GB あれば私の全蔵書を携行可能という事がわかりました。蔵書は日々増え続けているので、余裕をもたせた容量にしたいです。まあ、今の3~4倍ぐらいあれば当分大丈夫でしょう。というわけで 256GB が適正な容量であると私は主張します。次のモデルは 256GB で行きましょうAmazonさん。

その結論で本当にいいのか?

とまあ現実的な線はこのぐらいの容量でよいのではないでしょうか。 まあ、まあ、まあ 、いーんだけどね。でも私はこのありきたりな結論で満足していいものなのか?ここまで私は

「平凡なユーザーの蔵書全てをKindleで持ち歩くならどれ位の容量が必要か?」

を前提に考察を進めてまいりました。自分でやっといてなんですが、この設定したゴールがいかにもしょぼい。だってAmazonさんが本気を出したら、すぐにでもストレージ容量が 256GB の端末なんて作れますよ? ただ作っていないだけ。だからさ、小さくまとまってないで、もっと大きな夢を語りなよ! ほらほらよく見て、無駄な縛りがあるじゃないですか。「平凡なユーザーの蔵書」ねえ、この制限必要ですか? いらなくない? だったらこんなもの捨ててしまえ! というわけで

Amazonで販売している全ての書籍をKindleで持ち歩くならどれ位の容量が必要か? 」

これにしましょう。新たなゴールはここにしましょう。あらかじめ買っている本も買っていない本もKindleに詰め込んで持ち歩いておけばステキじゃないですか。買った瞬間にロックが外れてその本が読めるようになるイメージ。ダウンロード時間は0秒、だってすでに端末にダウンロード済みだから。それって最高じゃないですか。実現が難しいといった現実的な話はどうでもいい。私は崇高な理想の話をしているのです。問われるべきは「汝、何を欲するか」、夢見るべきは「理想の電子書籍端末」です。

再び計測

Amazon詳細検索から何も絞込条件を入れないで検索すると、全体の冊数が分かりそうなのでそれを使います。マンガの数は、ジャンルで「マンガ・ラノベ・BL」を指定した件数を使いました。ただこの指定だとラノベとBLも混じった件数になりそうな気がしますが、大体の数がわかればいいので気にしない。これがおそらくAmazonが取り扱っている全書籍の数だと思う。マンガ50万冊、本600万冊ぐらい。

マンガ: 491,456冊
本: 6,114,466冊

(491,456冊 x 40MB) + (6,114,466冊 x 0.5MB) = 3,057,233MB = 約21.7TB

作ってしまえ

あれ? たったの21.7TBですか? 全然たいしたことないじゃないですか。テラなんて日常でよく使う単位だし。私とか全書籍を持ち歩くには、四次元ポケット的な未来の技術が必要になると思っていましたよ。心配して損したわ。21.7TBならば今でもいける。現在3.5インチHDDで最大容量のものが12TBらしいです。つまりそのHDDを2台積めばいい。簡単なことじゃないか。Amazonさんこれもう今まさに作っちゃいましょうよ。心配しないで、大丈夫、だーいじょうぶ、売れますって! 少なくとも私は買うので安心して。名前は、Kindle Everythingとかで。いける、いける、GO、GO!

イメージ画像作っておきました↓。こんな感じでお願いします。

f:id:notwen:20171029192642j:plain

f:id:notwen:20171029192912j:plain

NFLのレフェリーを誉め称えよう

私NFLが好きです。アメリカン・フットボールのアメリカでのプロリーグです。楕円形のボールを使ってあれやこれやするあれでございます。2003年頃ぐらいからずっと試合の観戦は続けております。NFLの開幕は9月ですので、今年もシーズンが開幕しました。新シーズンを迎えふと「そもそも私ってなんでNFLを観始めたんだっけ?」という疑問が浮かびました。そういえばなんでだっけ。アスリート達が繰り広げる素晴らしいプレイにまいってしまったのだっけ? それともNFLのエンターテイメント性に感動したのでしたっけ?いや違う、どちらも違う。そうだレフェリー(審判)、私はレフェリーに魅せられてNFLを観始めたのだった。

当時あまりに暇だったので、深夜テレビでやっていたNFLを何の気なしに観ていたのです。ルールもなんも知らない状態なので、どのプレイが凄いとかは全く分からなかったです。試合そのものよりむしろレフェリーの方が気になった。レフェリーが、バンザイみたいに手を上げたり、腕をグルグルしたりと、とてもいい動きをしているのです。私のそれまでのレフェリーのイメージとはまったく異質なものでした。他のスポーツのレフェリーってなんか「ピッ」と笛を吹いてみたり、旗を上げてみたり、判定に対して抗議して来た選手を突っぱねたりと地味でお堅い連中だとばかり思っていたのです。それがNFLのレフェリー達の多彩で躍動的な動きといったら! それからというもの、レフェリーを見るためにNFLを視聴していました。ただ観ているうちにルールも分かってきて、フットボールの楽しさに気づきどっぷりハマる事になりました。というわけで NFLレフェリーはへ私をいざなった恩人というわけです。

伝える能力

NFレフェリーの魅力をもう少し詳細に皆さんに共有したい。美点は一日中語れる程大量にあるのですが、その中でも私が最も愛している点に絞って説明いたします。それはずばり「伝える能力」の高さです。世界中には無数のスポーツと同じ数だけのレフェリーが存在しますが、伝える能力に関してはNFLのレフェリーが世界一であると私は確信しています。今試合で何が起こっているのか、どういった裁定を下したのか、根拠はなにか、彼らはそれらをありとあらゆる方法で伝える努力を惜しみません。

シグナル

先程、レフェリーのジェスチャーが気に入ったという話をしましたが、あれがNFLレフェリーの美点その1です。NFLではレフェリーのジェスチャーの事をシグナルと呼びます。シグナルとは信号とか合図という意味です。何が起きているかを身振り手振りでシグナルとして周りに伝えるのです。

f:id:notwen:20171007193943j:plain オフサイドシグナル (2017年 Week2 DET 対 NYG より)

f:id:notwen:20171007194001j:plain ホールディングシグナル (2017年 Week2 DET 対 NYG より)

f:id:notwen:20171007194043j:plain タッチダウンシグナル (2017年 Week2 DET 対 NYG より)

ほぼ全ての事象に シグナルが定義されています。タイムアウトのシグナル、パスの成功・不成功のシグナル、タッチダウン、大量にある反則の1つ1つといった全てに別々のシグナルが存在します。他のスポーツで 「ピッ」と笛が吹かれても審判がどういった判断をしたかは、すぐには分かりませんが、NFLレフェリーならシグナルを読み取れば審判の判断がまるわかり。

f:id:notwen:20171007200011j:plain パスミスをしたシーン (2017年 Week2 DET 対 NYG より)

シグナルは、選手やコーチも当然どういった意味があるのか把握しています。だから、自分の考えを表明する時にレフェリーのシグナルを真似して訴えるシーンを良く見かけます。この上のスクリーンショットは「今のは絶対パス失敗だろー」と主張しているところ。審判、選手、コーチが同じパス失敗のシグナル(野球のセーフのような両手を水平に動かすシグナル)を出しているのでこのケースは意見が一致していますね。写ってはいませんが、この相手チームはパスキャッチのシグナルを出して「今のはパス成功だろ!」とアピールしているはずです。シグナルの思わぬ副産物として選手やコーチの考えまで伝わってきます。

イエローフラッグ

サッカーのレフェリーは3~4人ですが、NFLは7人のレフェリーで試合を運営します。7人もいるのにテレビを観ていると意外と画面に映らない。うまい具合に画面外に配置されています。選手こそが主役で、レフェリーはどう考えても脇役ですからそれ自体は良いことなのです。

ただ反則が発生した時にそれでは具合が悪い。だって画面外で旗を上げたとしても、こっちとしては分からないわけですから。そこで考案されたのかどうかは知りませんが、イエローフラッグです。レフェリーは反則を見つけると、黄色いハンカチに重りを付けたようなイエローフラッグを反則地点に向けて投げ込みます。これが大変分かりやすい。イエローフラッグは目立つので「あ! 今フラッグ飛んだ」とかすぐ分かります。しかも反則地点に向かって投げるのでフラッグの飛んだ位置で大体どんな反則か予測が出来る。ラインの辺りで飛んだら「誰かかジャージを掴んでしまったホールディングかな?」レシーバーの辺りだったら「パスを妨害したパス・インターフェアだな」などなど。

f:id:notwen:20171007201311j:plain イエローフラッグ (2017年 Week2 DET 対 NYG より)

反則の発生という重要なイベントを、選手、コーチ陣、観客、そしてテレビを観ているファンに迅速に伝える秀逸は仕組みです。他のスポーツでも真似をすればいいと思うのですが、NFL以外では見たことないですね。まったく今の時代、旗とかあげている場合じゃないですよ。フラッグを投げ込みなさい。

チャレンジシステム

続いてチャレンジシステムです。タイムアウトの権利をかけて審判にビデオ判定を要求する事が出来るシステムです。ビデオ判定をして審判の間違いが発覚したら判定が覆りタイムアウトはそのまま、もし最初の判定が正しかった場合はタイムアウトを没収されます。 同様のシステムは、最近では他のスポーツでも広く採用されています。テニスや野球でもありますし、相撲の物言いもチャレンジの一種といってよいでしょう。他のスポーツの事情はあまり詳しくはないのですが、どうもビデオ判定への反対意見があったりとあまり好意的に受け取られていない事が多いようです。NFLでは、最初の導入が1986年と歴史が長い事もあり、完全に試合に溶け込んで受け入れられています。うまくいっている理由は3点あると考えます。

まず、利用に制限が上手にかかっている点。チャレンジは1試合で最大3回まで、しかも失敗すると貴重なタイムアウトを没収されてしまうため両チームとも勝負どころの場面でしか使いません。乱発されて試合のテンポを乱される心配がないのです。

ビデオの確認が速いのも素晴らしい。チャレンジが宣告されると、主審の元にビデオ判定ボーイ? が駆け寄ってタブレットで試合のリプレイを見せます。ビデオブースのような所に行くまでもなく、フィールド上でぱぱっと確認するので判断がとにかく速い。

f:id:notwen:20171012002113j:plain フィールドでリプレイを確認中 (2017年 Week4 NO 対 MIA より)

そして何と言っても、チェックの内容も結果も全てが公開されている点です。主審がビデオ判定をしている間は、主審が観ているものと同じ映像がスタジアムのオーロラビジョンで繰り返し流れます。そしてビデオ判定が終わると、主審は結果をマイクで説明します。

「今のプレイは、ボールをしっかりと確保する前に足がフィールドの外に出ていました。ですから判定が覆り、パス不成功となります。タイムアウトの没収は無し。フォースダウン、10ヤードで試合再開です。」

これによって密室で判定が出る感がまったくないのです。なにせ全部公開されていますから。

メジャーメント

アメリカン・フットボールにおいて10ヤードという距離はとてつもなく重要な意味を持っています。攻撃側は4回の攻撃権を与えられています。4回のうちに10ヤード以上進むことが出来ると、また4回の攻撃権が与えられます。4回攻撃しても10ヤードに満たない場合は攻撃権が相手チームに移ってしまいます。アメリカン・フットボールは極論すると10ヤード以上進む事を繰り返して、ボールをゴールラインまで進めるゲームなのです。ですから10ヤード進めたのか、それとも進めなかったのかの判断いかんによって勝敗が決まるまであります。

そんな10ヤードなのですが、10ヤード行ったのか行かなかったのか微妙なケースはどうしても発生します。レフェリーは微妙なケースでも判断を下し、その根拠を説得力のある形で全ての関係者に伝えなくてはなりません。そこで行われるのがメジャーメントです。長さがきっかり10ヤードの鎖の両端に旗が付いたようなメジャーを使い、ボールの位置が10ヤードに達したかどうかを測るのです。

これ凄い説得力があるんですよね。メジャーメントすると10ヤードまで数インチ足りないとかが一目瞭然ですから。でもよくよく考えてみると「アレ?」と思ってしまう方法だったりします。だって、そもそものボールを置く位置はレフェリーが判断した「大体の位置」なのですから。適当に置いたボールを、10ヤードのメジャーで厳密に測るわけです。厳密でもなんでもないのに謎の納得感、なんて秀逸なごまかしでしょうか! これを考えた人は、優秀な詐欺師か天才のどちらかに違いない。

f:id:notwen:20171012002346j:plain メジャー中 (2017年 Week2 DET 対 NYG より)

個人的に大好きなレフェリー

ちょっと話を脱線させてもよろしいいでしょうか? ここで私がリスペクトしているレフェリーを紹介したい。その名もエド・ホチュリさん。審判にあるまじき上腕二頭筋、張り裂けんばかりの大胸筋がトレードマークのナイス・ガイです。あまりにガタイがいいので、うっかり選手に混じってプレイをしていても誰も気づかないともっぱらの評判です。

NFLのレフェリーですが、実は専業ではありません。レフェリーの方々はみな本業を持ってらっしゃいます。エド・ホチュリさんの場合、弁護士。なるほどー、なるほどです。平日はその筋肉で法を守護し、週末はその筋肉で試合を守護するというわけですね。筋肉はいついかなる場合も裏切らない。かっこいー。

f:id:notwen:20171012002811j:plain エド・ホチュリ氏 (2017年 Week4 NO 対 MIA より)

まとめ

そんなわけで、NFLレフェリーの素晴らしさが皆様にも伝わったでしょうか? NFLの面白さの少なくない割合を彼らレフェリーが担っていると思われます。というかもう確認済みと言ってもいい。というのもですね、2012年にレフェリーとNFLの間で労使交渉がまとまらず、シーズン最初の3試合が代替審判(普段は大学の下位フットボールリーグのレフェリーをしているような方々)で試合が行われるという事がありました。これがもー酷かったのです。ジャッジを下すのが遅くて試合のテンポを損なうし、誤審は連発するし、何が起きたかちゃんと説明しなかったりと、NFLレフェリーの美点である「伝える能力」が著しく低かった。この3試合は、クソつまらなくてどうしようかと思いました。フットボール好きで有名なオバマ大統領も「ひどいね。何カ月も言い続けているが(正規の)審判を取り戻さなければ」とコメントを出したほど。

NFLは、おそらく世界で最もエンターテイメントである事に長けたスポーツです。試合を面白くするためにありとあらゆる努力が払われています。その努力の1つがレフェリーなのです。レフェリーは「伝える能力」でもって試合をよりエキサイティングなものにしています。本来ならば、ただ判定を下すために存在しているチャレンジやメジャーメントはむしろ試合の盛り上がるポイントになっています。レフェリーの反則・判定への簡潔な説明に我々は一喜一憂します。彼らは真のエンターテイナーです。我々はレフェリーの偉大さに感謝して、誉め称えなくてはなりません。今、まさにNFLシーズン真っ盛り。試合はNHK BSで深夜に放送されています。あまりに暇な方は、NFLレフェリーを観るためにテレビを付けてみてはどうでしょうか?

全世界のフレンズに贈る行動指針

f:id:notwen:20170829233019j:plain:w450
(けものフレンズ公式サイトより)

アニメ、けものフレンズがテレビ東京系列で再放送をされていました。あれだけの超ヒット作品だったのに、実は私観たことがなかったのです。遅ればせながら全話視聴させて頂きました。さて感想を述べさせてもらう前にまず謝罪をさせて頂きたい。けものフレンズ制作陣の皆様、ならびに関係各位の皆様、観もせずに駄作だと決めつけていてすみませんでしたぁ! 絶対一部の人が無理やり盛り上げているだけだと思ってました! みんなで「すごーい!」て言うのが「たのしー!」だけだと勘違いしていたのですが、まさか作品そのものも「すごーい!たのしー!」とは思いもよらなかったのです。

けものフレンズを観ることで肯定してもらえる事がかくも心地の良いという事に気付かされました。前述の「すごーい!」も「たのしー!」もそうですが、登場キャラクター達が全員ポジティブな事しかしゃべらないのです。全員が褒めて伸ばすタイプ、全員が究極のイエスマン。現実世界は「憎悪」「嫉妬」「後悔」「劣等感」といったネガティブな感情とポジティブな感情がないまぜになって存在します。その意味ではネガティブ感情がほぼ存在しないジャパリパーク(アニメの舞台)は、現実とかけ離れた異常で気持ち悪い世界なはずなのです。だのになんだこの優しい世界は、どうなっているんだこのあたたかい世界は。私も許されるならフレンズになってジャパリパークで生きていきたい。

けものフレンズ界隈の雰囲気

さて、先ほど観たことがなかったと書きましたが実は正確ではありません。厳密には「放送当初に1話を視聴して5分でやめた」でした。CGがありえないぐらいしょぼかったので、てっきり子供向けの租税乱造アニメの一種かと勘違いしてしまいました。名作と気づけなかった事に関しては私に非があります。ただ、ここまで私の視聴が遅れた原因は、当時のけものフレンズ界隈の雰囲気にも問題がありました。例えばステキな絵を投稿した人へのこんなメンション。

f:id:notwen:20170829233910p:plain:w500

当時こんな感じのツイートだらけでどうしようもなかった。ウジャ、ウジャ、ウジャ。5分視聴していた経験から、なんとなくどんな作品か知っていた私ですら「アホっぽいからこの仲間には入りたくない」と思ったものです。いわんや、けものフレンズをまったくご存知ない人がこれをみた場合「ちょっと近付かないでもらえますか?」と言われてしまうことは間違いなかったでしょう。

けものフレンズを全話視聴した現在の私なら、このツイートに秘められた2つの願いを理解する事が出来ます。大好きなけものフレンズをみんなにもっと知って欲しいという願い、そして誰もがお互いを認め合える優しい世界への賛美です。そんな崇高な願いの込められたツイートが、アホっぽいと思われていたなんて悲劇以外の何ものでもない。みんなに観て欲しいと思っているのにむしろ間口を狭め、絵を褒めているのにバカにしていると受け取られてしまったに違いありません。ではあの頃のフレンズ達はどういったツイートをするべきだったのか? 今日はそれを考えてみます。

ツイートを改良する

f:id:notwen:20170830000439p:plain:w500

けものフレンズをまったく知らない人に向けて出典を明示してみました。これによって「頭がおかしいわけじゃなくて、そのアニメでこういった言い回しがあるのかな?」と思ってもらえます。ただこれではまだ足りない。だって私は出典がけものフレンズだって知っていたのにアホっぽいと思って敬遠してましたから。

f:id:notwen:20170830002526p:plain:w500

伝わらないのならば、言葉を尽くして説明するほかないでしょう。「すごーい!」の一語に込めた思いを括弧の中に全て書き出しました。これならば本当にその絵を褒めている事がちゃんと伝わります。優しい世界を実現するための第一歩はリスペクトを相手に伝えること。この改良で「優しい世界への賛美」は完全に満たしたと言ってよいでしょう。しかし、なんかごちゃごちゃしていて美しくないですね。もっとシンプルにしたい。ここまでくると「すごーい!」の部分が不要なのではと思えてきました。でもそれを取ってしまうと「みんなにけものフレンズを観て欲しい」という願いがかなえられなくなってしまいます。どうしたものか。

f:id:notwen:20170830000615p:plain:w500

というわけで「すごーい!」を捨てて「絵を褒めるツイート」と「けものフレンズの宣伝ツイート」の2つに分離してみました。2つの願いを1つのツイートに込めるのはどだい無理があったのです。1つのツイートに1つの主張、大変スッキリいたしました。「すごーい!」を使う必要なんてどこにもなかったのです。全世界のフレンズの皆様はこのことを肝に銘じて行動の指針として欲しい。まずは身近な人を褒めてあげてください。そしてけものフレンズの宣伝ツイートをバシバシ投稿する。間違っても「すごーい!」「たのしー!」なんて使ってはいけません。そうすることで貴方の大好きな優しい世界を広く豊かにすることに繋がるのです。ではさっそく私から

「みんな愛してるよ!」
「けものフレンズ面白いから観てね!」

スマートウォッチ? それはカシオ・ データバンクが30年前に通った道だ

私は昔からある呪いにかかっているのです。デロデロデロデロデロデロデロド、ドゥドゥン。買った腕時計を何故か半年以内になくしてしまうのです。腕時計よりなくしそうなスマホは一回もなくした事がないのに。もうこれは何かの呪いとしか思えません。ですからもうこれ以上の犠牲は出すまいと、私は二度と腕時計を買わない誓いを立てました。一生涯、時間の確認はスマホですませよう。

さて話は変わりますが、この前ひょんなことからカシオ・データバンクを見かけてですね、懐かしさのあまり瞬間的に購入してしまいました。もう理性とか出る幕はなくて「あっ!」と思ったので「あっ!」と注文していました。 データバンクに関しましては皆さんご存知だと思いますが、一応説明するとテンキーを搭載して電卓機能や電話番号の保存機能(25件まで)を搭載したスーパーかっこいい腕時計です。データを保存出来るからデータバンク。発売から30年は経っているはずです。スマートウォッチのご先祖様とも言えるでしょう。海外では未だに当時のモデルのままで販売しているらしく、逆輸入品を現在でも新品で入手可能です。それだけ長く愛されるステキな腕時計なのです。

f:id:notwen:20170819175652j:plain

さっそく周りの人達に自慢をしてまわったのですがどうも様子がおかしい。

「ほら、ほら、データバンクだよ? 懐かしいでしょ? ねえ、ねえ、ねえ」

とぶっこんでも「???」みたいな顔をする人だらけなのです。あまりにも無反応な人が多すぎて、私が思っている程知名度ないのかな? と自信が持てなくなりました。 私としては「ウゴウゴルーガ、あれ今思うと何が面白かったんだろうねw」ぐらいの全員に通じるレベルの気分でぶっこんでいるのに、無反応とかされても困ります! ただ少数ながらこっちは何も言っていないのに

「それもしかしてデータバンクじゃない? ふぁああああ」

みたいな正しい? 反応をされる方もいました。生まれた地域の差なのか、はたまた育った環境のせいなのか知っている人と知らない人とがズバッと色分けされてしまっている感じ。そうなんだ。

スマートポイント

知名度は思った程は高くはなかったものの、それがデータバンクの価値を下げることにはならないのです。なにせスマートウォッチのご先祖様ですから。 データバンクは疑いようもなくスマートです。実際にデータバンクを使ってみた私がいかにスマートであるかを説明したい。

テンキー

データバンクと言えばテンキーでしょう。テンキーこそがデータバンクのアイデンティティ。私が買ったDBC-611というモデルの場合、時間を表示する液晶より大きいぐらいのテンキーがデデンッと搭載されています。こいつで、電卓機能を呼び出して計算したり、電話番号を入力して保存したりするわけです。ちなみにこのテンキーの使い心地は最悪です。ハッハッハ。

キーボードでは、キーの間隔の事をキーピッチと言います。一般的にキーピッチが15mm以下だとタイプがしづらいと言われています。 データバンクのテンキーは測ってみたところ驚きの6mm。キーピッチが狭すぎて今「1」を押しているのか「2」を押しているのかまったく分からない状態。でもそんなのかまやしないのです。現在も当時もデータバンクでバリバリ計算しようなんて誰も思っていませんから。そもそも計算したかったら電卓を使えばいいのです。 データバンクになぜテンキーがあるかというと、かっこいいからに他なりません。つまり先にテンキーありきで電卓機能はテンキー搭載のための後付けの言い訳です。美しさのために機能性をかなぐり捨てる割り切り方、スマート。

f:id:notwen:20170819180124j:plain:w450

クオーツ

最近のスマホとか時刻を勝手に調整するじゃないですか。私の部屋の壁掛け時計も電波時計なので1秒たりともずれません。なのにこの前データバンクの時間が1分ぐらい進んでたんですよ。時計ってずれるものだったのですね、完全に忘れていました。仕様を調べたら平均月差±30秒との事。クオーツでも30秒とか毎月ずれるんですね、へー。

でもまあそのぐらい、いいではありませんか。思えば手巻き式の時代なんて毎日ゼンマイを巻いて時刻を合わせていたわけですし、それに比べればどうという事はない。むしろ失われつつある時刻合わせという時計との対話を思い出す事が出来る貴重な存在です。

「1分も進んでしまって、まったく君はこまった奴だよ。どれ私が直してあげようか」

ちなみに時刻合わせはテンキーを使ってやるので、その度にテンキーの美しさと使いづらさを再確認出来るというおまけまでついてくる、スマート。

ライト

そういえばこんなのあったなと一人でうけてしまったのがライトです。最近の液晶ってバックライトがついていて、暗闇でもくっきりはっきり見えるじゃないですか。あまりにも当然なので慣れてしまっていましたが、よく考えると昔はバックライトって無かったですよね。初代のゲームボーイもバックライトが無いから、明るい所でしかプレイ出来ませんでした。データバンクの場合バックライトは搭載されておらず、lightボタンを押すと豆電球みたいな奴が一定時間だけ点灯する仕組みです。暗闇で使ってみましたが、豆電球のパワー不足で見づらくてダメだった。でもかわいいので許す、スマート。

f:id:notwen:20170819180259j:plain:w450

スマートとはなにか?

データバンクがいかにスマートなウォッチであるかは、皆様ご理解頂けたかと思います。それにひきかえ昨今のスマートではないスマートウォッチのなんと多い事か。ちょっと調べてきたのですが、スマートウォッチで電話の着信が出来たり、心拍数計が搭載されていて自分の運動量なんかを記録出来るんですって。でもそれらの機能さえあればスマートウォッチであると言えるのでしょうか? 腕時計でやる必要あるのか疑問な機能を無理やり詰め込んでいるだけではありませんか。そんなの全然スマートじゃないですよ、むしろ痛々しい。メーカー各位におかれましては、もう一度「スマート」とは何かをよく考えて欲しい。というか答えはもうそこにあるではありませんか。そう、スマートであることが確定してるデータバンクを師と仰げばいいのです。

私の考えた最強のスマートウォッチ

というわけでどんなスマートウォッチが今の時代に求められているかを考察したい。まずジス・イズ・スマートウォッチであるデータバンクをベースとします。先程私は、データバンクがスマートな点を3つあげました。「テンキー搭載」「時間がずれる事での時計との対話」「豆電球がかわいい」、正直後半の2つは無理やりこじつけただけなのでどうでもよくて、重要なのはテンキーのみです。テンキーさえあれば、それはもうスマートウォッチなのです。ですから他の部分は、便利な方がいいに決まっているので近代化しましょう。電波時計機能とバックライトを搭載するのがよいですね。

扱いが難しいのがテンキーです。そのままでもいいとは思うのですが、どうせならパワーアップさたいところです。私はQWERTYキーボードの搭載を提案したい。テンキーなんてけち臭い事言わずにキーボードまるごと搭載すればいいじゃない。キーが多ければ多いほどかっこいいというのは宇宙の真理です。データバンクのキー数は16個、テンキーレスの英語キーボードだとキー数が87個とかですから単純計算で5.4倍はかっこいい。打ちずらさなんて瑣末な事は気にする必要はありません。かっこよければ全ては正当化されます。後はキーボード搭載の意義を説明するために、ポエムを入力して保存する機能でもつけておけばいい。そんな最強のスマートウォッチのイメージ画像を作成致しました ↓ 。メーカー各位、特にカシオ様、製品化をよろしくご検討ください。

f:id:notwen:20170819180638j:plain