読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生にとって本当に必須なものは多くはない

私はオートマティックTumblrクライアントのReblogenというものを作っております。そこで、表示領域の拡大こそ正義と信じて、UI改修に邁進してまいりました。過去二度ほど、要素を削除したり、移動したりしてきた。

notwen.hatenablog.com notwen.hatenablog.com

現在のUIはこんな感じです。どうですか、結構すっきりしているでしょう?

f:id:notwen:20170120014322j:plain

正直、上記二回の改修で表示領域の拡大の試みはすでに限界に達したと思っていた。だって、表示領域以外で残っている要素は、サムネイルとグローバルヘッダーだけなんですもの。これらは削れないでしょう。だって、どちらも必須の要素です。削るとか無い無い。

聖域なきWEBアプリ改修

しかし本当にそうなのだろうか。最近こんな事を思うのです。人生にとって本当に必須なものは多くはないんじゃないか。たとえその時どれだけ夢中になって、これがないと生きていけないと感じたことだって、時が経てば「どうしてあの頃はあれほど執着していたのだろう」と不思議に思うものです。

私の昔を振りかえってみてもそう。 スマホは物理キーボード派で50個以上のキーが無いスマホは使わないと操を立てたのに、今では普通にタッチ式のスマホを使っています(OSはWindows Phoneだけど)。一時期、艦これにアホほどのめり込んでいて、2年ほど艦これを中心に生活していました。でも今ではすっぱりやめてしまって、あの頃を思い出すのも少なくなりました。

みなさんにも思い当たる事はないでしょうか? あなたの彼氏ですが、働いてなくないですか? そいつただのヒモなんじゃ。要ります? 愛されていると実感したいだけなら猫がお薦め。インターネットがないと生きていけないって? 以前にネットの契約切り替えのタイミングで5日間ほどネット無しで過ごした事がありますが、なんとかなりましたよ。やることがないので、銀河英雄伝説を全部読み返していた。そうですか、あなたはお酒がないと夜寝られませんか。元気出せよ! きっと明日は良いことあるさ。だから私も自問自答してみたのです。

「サムネイルって本当に必要だっけ?」

元々は、TumblrのAPIがたまたま小さいサイズの画像を返していて、これサムネイルとして並べたら便利なんじゃと実装した機能です。 作ってみたらいい感じだったので、それ以来Reblogenの左側にはサムネイルが鎮座するのが伝統となりました。あまりに自然に、さも当然のようにそこに昔から居るものだから、ついつい神聖にして不可侵の要素だと思いこんでしまっていました。ああ、どうして私はそんな勘違いを。WEBサービスに聖域などありはしないのに。

結局今回やった事は

というわけで今回はサムネイルを閉じる機能を実装しました。左上の「<<」アイコンをクリックしてもらえればサムネイルを閉じる事が出来ます。これによってなんと脅威の横100pxの確保が可能となっております。表示領域へのこだわりが強い方、シンプルなUIがお好みの方におすすめです。我ながらすごい機能を作ってしまった……。

f:id:notwen:20170120014347j:plain

でまあ、私はやっぱりサムネイルは表示でいこう。あるとなんだかんだで便利だしね。

Reblogen - オートマティックTumblrクライアント