読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

isweb

雑記

2010年10月31日をもって無料ホームページサービス isweb が終了しました。林檎の木からリンクしているサイトでもいくつかiswebのサイトを利用している方がいましたので先程リンクの張り替え作業を行いました。大体のサイトがすでに移転先を用意していたようなので一安心。移転先が見つからないサイトはVectorにリンクしときました。

また一つ日本におけるWEB黎明期を支えたサービスが無くなってしまうのは、寂しいかぎりです。2000年前後は無料ホームページサービスがWEBサイトの花形でした。isweb、Geocities、Tripod、Skipup、COOL ONLINEなどですね。個人情報発信をする時はこれらのサービスを利用して、テキストエディタで作成したHTMLを置くのが普通だった。まだブログは本格的に普及していませんでしたから。調べてみたら今あげた5つのうち現在も残っているのは、GeocitiesとCOOL ONLINEだけ、しかもCOOL ONLINEはinfoseekが運営しているようなので、iswebと同じ運命をたどる可能性も高い。これも時代の流れか。

私も林檎の木をiswebに載せたことこそありませんが、使った事はあります。確か大量にオンラインソフトソフト配布サイトへのリンクを張ったシンプルなリンク集みたいなサイトを作った。林檎の木と対照的に量で勝負するサイトにしようと思った。結局プロトタイプだけiswebに作って放置してた。とてもいいサーバーでした。大きめのバナー広告が上下に出てしまうという欠点を補って余りある速くて安定したサーバーでした。しかも無料ホームページサービスには珍しくCGIがOKでPerlやSSIが動作した。それがサクサク動くものですから軽く嫉妬したものです。今回のサービス終了で消滅するサイトは200万サイトにも及ぶらしい。名前もURLも忘れちゃったけど私のあのサイトもこの200万の中の一つなのか。

熱い個人サイトが一気にそして大量に消滅したわけですけど、これもすぐに忘れちゃうんだろうな。人間とは忘れやすい生き物ですから。今でこそ、GoolgeでヒットするからいいもののGoogleのインデクスから無くなればきっと忘れちゃう。それが悲しい。