読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Road to Super Bowl

以下はアメリカンフットボールの結果のネタバレ分を多く含みます。





やってくれました。我らがインディアナポリス・コルツがニューヨーク・ジェッツを30対17で下してAFCチャンピオンになると同時に第44回スーパーボウル進出を決めました。ヒューッ、ヒューッ。いやープレイオフに関してはここまで非常にツキがあった。AFCのプレーオフ進出チームはコルツ、ベンガルズ、ジェッツ、ペイトリオッツ、レイブンズ、チャージャーズの6チーム。この中でまず戦いたくないのはペイトリオッツ。2003年、2004年にプレーオフで負けています。今年のレギュラーシーズンの対戦でも17点差つけられて泣きそうになったのですが、敵のミスもあって奇跡的に逆転したという試合がありました。とにかく相性が悪いので是非やりたくない。そのペイトリオッツがうっかりレイブンズに負けた。そのレイブンズとコルツの試合になったのですが、逆にレイブンズとの相性は最高。近年ではほとんど負けた事が無いはず。そんなわけでコルツが圧勝。

次にやりたく無いのは、チャージャーズ。2007年と2008年のプレイオフで負けています。ここ数年のコルツキラー。そのチャージャーズが何を思ったかジェッツの前に敗退。まったくFGが入らなかった、チャージャーズにありがちな自滅パターンで終了。消えてなくなれぐらいに思っているペイトリオッツ、チャージャーズとやらなくてすんだとか幸運以外の何者でもない。ふぉーー。

ただ、NFCではセインツが勝ち上がって来ました。これはいくない。非常にいくなーい。今期13連勝したチームです。とはいってもコルツは14連勝してはいるのですが、ギリギリ1点差で勝ったとか、第4Qで逆転しただとか、綱渡りの14連勝。一方セインツは、40点とか点を取って相手をぶっちぎった13連勝。客観的に見て今年のレギュラーシーズンでもっとも強かったのはセインツ。はーーとんでもないチームが来ちゃったよ。なんとかして勝ってくれー。2006年の感動をもう一度。