読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カーナカナカナカナカナ・・・

ゲーム

いまさらながら、ひぐらしのなく頃にやってます。PS版とかじゃなくて元祖の同人ゲーの方ね。昔、体験版で鬼隠し編をやっていていつか、続きをやろうと思っていて、なんとなくそこはかとなく気が向いたので、やってます。4本もエピソードが入っているのに1500円はリーズナブル。今、祟殺し編まで終わって、暇潰し編にはいった所です。
うん、やっぱりいいですね。鬼隠し編をやった時も感じましたが、やはりこれだけ流行るための何かを持ってる気がする。まず同人臭が香り立っているのがいいですね。まあ間違いようもなく同人ゲーなわけで、当然といえば当然なんですが、そこここからぷんぷん臭います。絵も、お上手ってわけでは無いのですが、癖になる絵です。
ストーリーは今のところ、楽しげな前半→猟奇的な超展開→残念でした、とパターンは一緒なんですが、同じ様な展開に飽きるというより、これがひぐらしのお約束なんだという感想。「あー富竹また死んだよ。そろそろ鬱展開の季節かぁ」と楽しんでおります。

で、ここまでやってやっと気づいたのですが、これって"ゲーム"なんですかね。このゲームジャンルはサウンドノベルらしいのですが、選択肢が存在しません。そのため私がやった事といえば、テキスト送りのためにスペースを押したぐらい。しかもかなりリズミカルに連打していました。タタタン、タタタン、タッタタタッ。「これはゲームじゃないんだよ。そんな狭い括りには縛られない!」とか言ってくれると、そうなのかと気にならないんですが、でもゲームとして売られている以上何かもっと積極的に操作をしたいなってのが正直な感想。そんな事書いてたら、気になる所をクリックできたり、ミニゲームが入ったりするポリスノーツがやりたくなってきた。